就職支援人類 老人甚平

おっさんから爺さんになった就職支援人類を標榜する老人・甚平。仕事以外にもいろいろ言いたい事あるわなぁ 超短気 発熱ブログ

    自立を目指している方 またその就職支援に携わる方へのメッセージ                            必ず なんとかなります 何とかなるぜ

ベゾス氏 アマゾンの創業者が離婚  豪華な離婚の対局の話を聞いてもらう

アマゾンの創業者 ベゾス氏が離婚 豪華な離婚の対局の話を聞いてもらう

 

f:id:ROUJINBEI:20190120010459j:plain

Amazonの創業者 ベゾス氏が離婚。

世界一の富豪 14兆円以上とも言われるベゾス氏(55)の資産は離婚で、50%が妻マッケンジーのものになるという。

 

すばらしい こういう豪華な離婚劇は聞いていて気持ちがいい。不幸のかけらも何も匂ってこないから。

 

それに反して今の日本はどうなってるんだろう。

芸能人が浮気した 離婚した などのニュースは ただののゴシップでその話ではない。

 

嘆かわしいのは生活の底辺でうごめく日本の若者の性の問題。事件ではないのであまり表面には出てこないが これほどの現実と気がついている人は少ない。

 

 

就職支援の窓口に来る若い男女の問題だ。

27歳の母子家庭のお母さん。ああ、27歳で既に母子家庭。死別か離婚か聞く訳にはいかないが、彼女のこれから先の人生を思う時 まだとっても若いのに.........辛いなあと思った。

だが以降 とんでもないことが続く。シングルマザーとして窓口に来る女性の年齢が、25歳22歳20歳、不思議と順番通りに下がってくる。初めは27歳のお母さんに驚いていたのにそんなレベルじゃなくなってきた。


18歳の女の子の話にはたまげてしまった。

高校3年生の時に妊娠しました。公立の高校だったので学校に置いておけないと言われ、通信制の私立高校に転学しました。卒業後赤ちゃんが生まれました。母が面倒を見てくれますが私は働かなくてはなりません。彼は妊娠が分かった後、逃げていなくなっちゃいました。

 

40歳を過ぎたと思われる男性がすごい剣幕で就職支援フロアに入ってきた。大声を上げる。

うちの17歳の息子がここに仕事を探しに来てるはずだ。来たら捕まえて連絡してくれ。

彼女に子供ができたから高校を辞めて仕事を探すと言って家を飛び出した。こんなバカな結婚を認められるわけがない。息子が来たら絶対に仕事なんか勧めないでくれ。

 

結婚後旦那がお金にだらしないことがわかり金の催促で追われるようになり離婚した方もいた。

 

そんな理由のある離婚もあったが、離婚以前 結婚までも至らない あまりにも若すぎる男女が多いことにあっけにとられた。

 

それらがこの日本でおきているという現実。

これは大人の世界ではなく、子供の世界の話。 性にコントロールが効かないまま 将来への土台の支えもなく子供のままで大人になろうとしている。


本来 人間は発情期などなくて、いつでも発情できる珍しい動物らしい。

他の動物は時の経過の中で発情期がプログラムされていて、交尾の儀式が終わると後はなにもなかったかのような平穏がおとずれる。

唯一人間だけが、フルタイム発情期を持つ動物である。

それだけに本能のまま任せておくと社会秩序なんぞ吹っ飛んでしまう。

人間の性の問題は人間だからこそ おおらかに放置しても良いという観点は微塵もない!

 

いつからこんな子供の世界ができてきたのだろう。本来の日本は奔放ではあったがもっと道徳性に満ちていたはずだ。

 

古来の日本の教育は形から始まった。

柔道でも剣道でも、技を磨く心を磨くには まず姿勢や技の形、型の習得に時間をかける。型の充実があってこそ後から気というものが充実し上達するといわれる。

 

その形は、「祝福される」結婚

二人が幸せになれる基盤がある事、周りからも理解・祝福される男女の関係。
祝福という形を身にまとって欲しい。

 
だらしない服装や姿勢の子供たちには、まず背筋を伸ばし身なりを整えることを勧めよう。 これも形の教育、言葉は悪いが見た目が大事なんだ。

こう言うと純情な子供たちは見た目より内面や精神ではないですかと反論する。

 

そうでは無い、見た目が大事。初めから気持ちや心を改めようとするから難しくなる。見た目 型を整えるとおのずと外から内面が良化される。整った見た目のようになろうと心が後から追いかけてくる。

だらしない男女の関係も  祝福されるようになるのでは・・

 

f:id:ROUJINBEI:20190120010541j:plain

 

芥川賞が上田岳弘さんに決定 古市憲寿さん落選で安楽死法制化は遠く!

 

芥川賞が上田岳弘さんに決定 古市憲寿さん落選で安楽死法制化は遠く! 古市憲寿芥川賞を受賞したら これを踏み台に安楽死をまじで法制化を!と思っていた

 

f:id:ROUJINBEI:20190116222010j:plain




社会学者ならぬコメンテーターの古市憲寿が今日夕方、芥川賞受賞を逃した ! 

 


日本文学振興会は16日夜、第160回芥川賞直木賞受賞作を発表した。

 


歯に衣着せぬ物言いで登場した古市憲寿

今日の芥川賞選定で受賞するやもしれぬと騒がれていた。

 


すかっと爽やか むかつく あいつが芥川賞受賞なら訳が分からない  日本文壇会もこれで崩壊とか    いろいろ騒がれてはいた   が、

 


気にしていたのは古市憲寿が書いた芥川賞候補作

 

「平成くん  さようなら」で描かれた安楽死!が気になっていた

 


平成と言う時代が4月末までと最期が決まっていることから  人間も最期が決まっていたらどう感じるか振る舞うか?がテーマになっている

 


この際安楽死と言うものに真正面から取り組んでこの際  合法化しようじゃないか

 


安楽死が合法化されている国がある

 

韓国 オーストラリア  ルクセンブルク   スイス   オランダ  ベルギー

もちろん簡単には安楽死させてはくれずハードルは高いが   一応一定の基準のもとに安楽死が許される国だ。

 


自分の父母が死に 、老人になって次は自分の番だと思う時、自分がどういう死に方をするのかが気になってくる。

 


不二の病の苦しみから逃れたい

長期にわたる患いで本人も家族も疲れた

もう足腰も立たなくなって体力もゼロ  もういいんじゃないかと思ってくる

いつまでダラダラ生きているの?あとがつかえているよと、80歳のおばあさんが104歳のお母さんの看病をしながら.......思ってしまう

 


日本は世界一の長寿社会

このままいくと  いやもうすでに老人ばかりの国になっているが

 

長寿=おめでたい  のだろうか?

 


100歳まで生きピンピンコロリが理想です

と うまくいくのだろうか?

 


日本人の平均寿命は女性が87歳男性が81歳

健康寿命も女性75歳男性で72歳

両方とも伸びている 

これは医療の発達もしかり、ランニングやウォーキング そして全国各地で流行る健康体操の

おかげであろう。

みんな最後まで健康であることを願ってがんばっている。

 

f:id:ROUJINBEI:20190116065217j:plain


ところがである 医学のデータによると

平均寿命マイナス健康寿命の期間

死に至るまでの不健康期間も伸びている。

 


日々頑張って体力を維持し健康的な生活を送っても、

 

不健康と感じる時期の先送りをしているに過ぎない。

 


一生懸命時間とお金を使って

最後まで健康、最終末はピンピンころりを狙っても、その死に方は宝くじのようなもの

PPTとはいかない

 

 

 

足腰が立たなくなる  寝たきりになる   排泄ができなくなる   ものを噛んで食べられなくなる  体中あちこちが痛くなる  よだれが止まらない

無理矢理食べても栄養として体が吸収しない  ものも飲み込めなくなる  目はかすみ目やにだらけになる  そしておまけに痴呆がセットされる。

健康期間が終わって死に至るまでの不健康期間は大体こんな生き様になるという。

いま その健康エネルギーが切れて死に至るまでの無様な期間は 女性 12年  男  9年間 かなり長い期間だ。この長い期間に耐えられますか?

耐えたいですか?

 


80歳を過ぎた  

ガンになった  痛みは薬で何とか抑えてくれている  でも放射線薬物療法をいっぱいしてもらっても余命は短いと医者から宣告されている。

死んだ後の事の整理の仕方を周りのものに書き残し説明して、家族友人をベッドに集めてもらう。一人ひとりにお別れの挨拶をしてみんなありがとうお世話になったねさようならありがとうと伝えた後、注射を1本、眠るように旅立つ。

 
こんな死に方をしようではないか!

 


老人がみんな100歳まで生きてても死に至るまでの不健康寿命が長くなるだけ。なら、

社会保障費用が莫大にかかり 本人も 介護する周りのものも  疲弊してしまう不健康老人ばかりの空回り長寿社会は誰のためにもならない。

 


のんきに長寿万歳なんて言っている場合ではない!

 

f:id:ROUJINBEI:20190116065234j:plain


古市憲寿が  「 平成くん   さようなら」で安楽死を取り上げたことに便乗して、本当の健やかな死に方を目指す安楽死を法制化する道を

そろそろ起こそうではないか。そのためにもその機運として芥川賞は取って欲しかったのだが・・・・・・残念 安楽死は遠のいた

就活のネクタイの色は何?と騒ぐ前に、合説でもネクタイしろよな

 

就活のネクタイの色は何?と騒ぐ前に、合説でもネクタイしろよな

f:id:ROUJINBEI:20190115064559j:plain



甚平の就活誌上セミナー  


前回、合同説明会の参加企業側人事から見た学生の態度 注意点について 合説時点で不採用を決めている生々しい報告をしたが、

今日はその追記と、就職絶好調の状況について大きな誤解があるようなので、その裏と表の解説を付け加えておきます。 

 


①合同説明会 企業側人事の不採用項目の追加

 


まず合同説明会に参加した大手企業人事の話から、雑談的追記。

 


合同説明会で学生相手に説明をしていて、んっ!と思う学生の態度、目につく態度はあれこれ話したようにいろいろあるんですけれど、昨今の就活対策って大学側も本気でやっているんですかねぇ?

 


大学キャリアセンターの面接対策の内容を聞いたことがありますが、ドアをノックする時、2回がいいのか3回が正しいのか?

はっきりってそんなどうでもいいようなことを議論しているみたいですね。

就活のネクタイの色とか柄とか、ストライプはダメとか、はっきりって企業はそんなの見てません。よっぽど奇抜な非常識な柄や色じゃない限り、スーツや髪型ネクタイ、平均点であればいいと思っています。 

 


まぁスーツや髪型やネクタイとか、平凡であまり目立たせないほうがいいですね。だって就活は学生本人を主張してもらう場であって、そこに服装やネクタイが余分な主張をすると人間 本人は埋もれてしまいますからね。

 


まぁネクタイについて言えば少数ですが合同説明会にネクタイをしていない男子学生がいますね。もしかしてまだ1、2年生で見学してるだけかもわかりませんが、3年生なら、僕は就職をまだ真面目に考えていません、それを知らせる標識のようなものですよ。

 


以上の内容が企業人事の知人から雑観としてあったので追記をしておきます。

 


②就職絶好調の現実  裏と表

f:id:ROUJINBEI:20190115064620j:plain

昨今は就職絶好調である。

去年今年来年卒業する学生は本当に恵まれていると思う。

就職活動は売り手市場になった。これは事実であるが甘えてもらっては困ることになる。

 


22019年卒の大卒者の求人倍率は1.88倍との出たらリクルートワークスから出ている。

数値自身は売り手市場。

ところが、この数値の中身は従業員300人未満の中小の企業が押し上げている。

中小企業の求人倍率は7倍とか9倍となっており病気で言えば重症患者のような人手不足だ。

反対に皆さん学生が期待する大企業、ここは相変わらず買い手市場であることを肝に銘じていて欲しい。求人倍率は0.3倍の世界である。まぁ平たく言えばこの世界は就職氷河期の状況から大きく好転はしていないと思ったほうがいい。

 


なぜこんないびつな内容になっているのか?

その原因はあなたたち学生です。

年々、大企業志向が高まっているという。

みんな大企業に集中するのでそこでの倍率は苛烈である。

 


かくして、就職好調の昨今においても思うような就職ができなかった学生が必ず発生する。その時期は6月位から始まり秋口には悲鳴とあきらめの気持ちとともに孤独な戦いを続けることになる。

 


注意をしてほしい。合同説明会に臨む態度、個別の対策 対応のみならず、

自分自身にとっての本当の就活戦略を立てねばならない。

 


君は大企業を目指すのか?  

大企業に対しての自分の売り 採用可能性はどうか?  

もし駄目だった場合、並行して事前の策はとられているのか?

そもそも企業規模 企業名ではない 仕事そのものへの志望動機は自分の中で確認されているのか?

働き方改革が叫ばれているが政策のお仕着せではない、自分にとっての働き方が確認されているかな?

 

f:id:ROUJINBEI:20190115064640j:plain


究極の就職活動は

自分が楽しく働けて、

(楽しい!仕事   はありません

楽しく!  仕事をすること)

自分を確実に!採用してくれるところに出会うことである。