就職支援人類 老人甚平

おっさんから爺さんになった就職支援人類を標榜する老人・甚平。仕事以外にもいろいろ言いたい事あるわなぁ  超短気 発熱ブログ

    自立を目指している方 またその就職支援に携わる方へのメッセージ                            必ず なんとかなります 何とかなるぜ

この世はお母さんと女の子で動いている ふたつの物語り

甚平です   あなたもいずれ老人になる時わかる事を 今のうちに お伝えしておきます

 

涙もろいどころか、涙が止まらなくなる!

オヨヨの人間になる

 

ケース❶

朝の通勤電車で新聞の ある記事を読んだ。

涙が出てきて止まらなくなり恥ずかしい思いをしてしまった。

 

4歳の時津波で両親と妹を亡くした子供が今12歳になり小学校を卒業した 

卒業証書を受け取ったあと自分をお世話してくれたおばあちゃんにすぐ卒業証書を見せにいった。おばあちゃんも感慨ひとしおだっただろう

 

こんな写真が載っていた。

 

f:id:ROUJINBEI:20190321225623j:plain

 

この写真はその女の子が

覚えたばかりのひらがなで行方不明の母親に手紙を書いて疲れて寝言ってしまった4歳の時の写真。津波のあと、3月20日の写真という。手紙の文字が読み取れるだろうか?

そこには  

ままへ  いきてるといいね  おげんきですか

と書いてある  

ママを思って心配して寂しくなって疲れて寝入ってしまった女の子の姿が 物悲しい。

またその女の子の名前が   愛海(まなみ)ちゃん   海を愛す と名付けられていたことも

かわいらしくも とても痛々しい。

そう名付けたお父さんお母さんは、あの時、いなくなった。

 


この写真と記事を読んで、電車の中で涙が止まらなくなった。

たった今 付き合っていた大好きな彼と別れてきた女の人のように、ぽろぽろと涙が湧き出てくる。

恥ずかしい  いやだいやだ  白髪混じりの老人が電車の中で一体何をやっているんだ。

オヨヨの老人

 

 

 

ケース❷

この年になって生まれて初めて浄瑠璃を見た。

 f:id:ROUJINBEI:20190321230139j:plain

前々からいちど見たいと思っていたがたまたまある地域で浄瑠璃公演があると知って行ってみることにした

地方の町で規模が小さいながらも継承されている浄瑠璃の一座の公演。

浄瑠璃と言う人形芝居を死ぬまでに一度はただ見てみたい  人形を動かす人間の仕業を見てみたい、だからその内容には期待してはいなかったのだが

 


これがまた涙  不覚にも涙  隣の人に気づかれたら恥ずかしいと思いつつ涙  たかが人形の芝居に.............あらぬことか  ヒクヒクしてしまった。

 

演目は

傾城(けいせい)阿波の鳴門『巡礼歌の段』

 身分を隠している女の居宅に偶然娘が訪れ、母と明かせない女の悔しさや親と会えない娘の悲哀が情感たっぷりに演じられた。

あまりの出来に感激してしまった。

人形を動かす人の技に興味を持っていたのだが人形の動きそのものの世界に入り込んでしまった。

その一座の名前は茨城県の真壁白井座  エールを送ります。とても良かったのですが、でも恥ずかしい思いもさせてくれました。

芸術と言うのもなかなか罪なものです。

 


さて元に戻って老人化の話

顔の筋肉  目の周りの筋肉に締まりがなくなってくるのではないか?

俺はまだ若いぞと思っている内面の気持ちや精神より、表面の顔のシワとか体のたるみとか外面から老人化が進むが涙腺の筋肉までゆるみ  だだ漏れになってしまう

 


一生懸命取り繕ってきた昔の古い保守的な頑固な父親のイメージ 威厳やプライドが台無しである。

 


さめざめと泣く老人

オヨヨと泣き崩れる老人

女性ならばまだサマになるが

やっぱり男はいけないねぇ 

 


なぜこんな形で落涙のスイッチが入るのか?

最近起きた不覚をとったこの二つの落涙事件

うるうる ヒクヒクの原因は何か?

それに気がついたのである。

それは、主題がやっぱり  

お母さんと女の子。


確信しました。


この世は母親と女の子で動いている。

 

愛とか平和とか人間の真実とか不条理とか人生にはいろいろあるが、お母さんと女の子の間の情け 真実 感情 情愛 絆。

母と子の関係が人間世界 この世のすべてを代表し象徴しているように思う。あまりにも純粋。

 

そう思いつつ

 

昨今の親子の虐待事件、あれは一体何なのだ?

 

彼らにとっては地球の自転が反対回りに動いているとしか思えない 。さめざめとボロボロと強く反省して泣いて欲しい。

でも無理だろうなぁ

 

私見を述べると、虐待する親は道徳の問題ではなく病気なんだと思う。

病理の問題として監禁治療。重症の病人から一刻も早く子供を遠ざけて、親に大きな手当を施さなければこの問題は片付かないだろう。

 

 

 

実はこちらが深刻 老人化はあなたにも必ず訪れる その悲しい実況 続編

甚平です  65歳

老人を自覚するとき、その悲しい現実を書いたが、考えればまだまだ見落とししている現実があった      今日はその続編

 

 

 

鏡の中の老人は誰だ!    俺じゃない 

 

f:id:ROUJINBEI:20190316080351j:plain

 

自分の感情の動き  心   精神   気持ち 気分は

まだまだ40代でとどまっている  つもり。

自分の思い描く顔も40代や30代  まだその時代の顔がついていると思っている。

しかし鏡の中に映る自分の身体についている顔は、

 


目が小さくなった   

シワがいっぱい     かなりしわくちゃ

ツルツルなハゲではないが白髪頭  

天頂はなかなか自分で見ることができないがまーるくハゲ始めていると聞いているので見ないことにしている

それにしてもなんじゃい、この精気のない情けない顔は

 


自分で言うのもおかしいが、中学校高校はモテモテであった。フォークダンス(古い時代のダンス!もう死語だな )をすると相手の女の子の手の震えが伝わってきたりして

ああこの子  僕が好きなんだなと理解した。

 


女の子から打ち明けられたこともある。

(最近では 告る こくる とかこくられたとかいうらしい   新語である)

こんな時に限って 打ち明けてくれた女の子はみんなハズレ、思いを寄せる本命ではなかったんだよなぁ

 


平均よりはハンサムでモテていた俺、

そんな顔がついているはずなのに、誰だこの鏡の向こうの顔は!  

ひ、ひ、干からびている!

トイレの鏡  風呂場の鏡  洗面所の鏡  もうちょっと男前に映ってるはずだと初めはよく鏡を覗いていたが、今はよく理解した。

せんないので鏡は見ないことにしました。

 


このことから判明した事実。

老人化は精神  気分  気持ちより、肉体から先に始まるという事。

  

ギラギラしたはち切れそうな性欲がなくなる

 

f:id:ROUJINBEI:20190316080457j:plain

これについて自分のことをかくと恥ずかしいので、お隣の奥さんとその息子のことを書く。

その昔、リビングに女房と一緒にいると、玄関からではなく庭からお隣の奥さんが駆け込んできた。

もう甚平さん  助けてよ!聞いてよ!

ウチの世之介  (息子)がネェ!で始まった。

 


ウチの世之介、エロビデオ(当時はDVDではない)ばっかりいっぱい持ってるの、それは年頃だから仕方ないにしても普通はどこか机の下とか引き出しに隠すじゃない、それがそんな事はせずに机の上、床、本棚、至る所  所狭しとエロビデオばっかり広げてそのまま置いてあるの。

 


いいかげんにしなさい 世之介! こんなバカなものばっかり見てどうするの!

と叱ったら、もうなんと言ったと思う?

ごそごそとそのうちの1本を探してきて、お母さんこれいいよ、絶対燃えるよ❗️

なんて言うのよ 私に!

もうたまらなくなって家を飛び出して来ちゃった。

 


元気があっていいじゃん   男はそうじゃなくちゃ  最近の男の子は女の子のお尻を追いかけないからなあ  (少子化の根源)と言う話で笑い合った。

 


そんな隣の世之介君のようなはち切れそうなそっち方面のエネルギーも枯渇し始めている事は間違いがない。

 

 

物事への許容度が極端に狭くなる

 

頑迷 頑固  偏屈 強情   これは老人化の普遍的な傾向であるが、これとは別の許容度の話をする。

 


会社員時代  大阪の販売会社を訪問、販売会社の部長さんと販売店を車に同乗させてもらい巡回した。

部長さんのお得意先、販売店主さんへの応対は、それはそれは頭の下がる丁寧なもので 

さすが商いの街 大阪だと思った。

 


ある場所で70過ぎたおじいさんが、自転車に乗ってふらふらと飛び出してきた。ゆっくりではあるが急に路地から飛び出してきたので

部長の運転する車にあわや接触、すんでのところで急ブレーキで止まった。

 


部長は運転席右側の窓ガラスをくるくるとハンドルを回しながらおろし(今のように電動ではない)  右側の窓から首を出して

 


なにやっとんじゃー   あぶないやないか!

ボケ アホ  カスう!     と大声で言った。

 


おじいさんがおろおろしている中、

おもむろにハンドルを回して窓ガラスを上げて閉じ、また、何事もなかったように静かに運転を再開した。

 


すごいなぁ これが大阪なんだ  (大阪の人   間違っていたらごめんなさい)紳士の部長がある一定限度を超えると こうも豹変する。

変に感動したことを覚えている。

 


この類いの許容範囲が老人になってやたら狭くなったと感じる今日この頃

 


自分の車の直前で  信号が黄色から赤になる  

クソ!なんで俺がひっかかるんだ。

ノロいスピードでトロトロ運転している車が前にいたり、交差点でフラフラしている車を見かけた時、その運転手がお年寄りの女性であると、「なんだ  クソぉ、おんなじゃないか」

とついあらぬ暴言を吐いてしまう。

助手席に乗っていた女房が固まっている。

でもごめんなさいとは言えないところが情けない老人化の進行。

 


もうずいぶん昔から、女房と一緒にショッピングに同行することだけはやめている。

女と一緒に買い物することだけはやめさせて欲しい。全部の店全部の品物を吟味するのでダラダラと時間だけが過ぎていく。

服やファッションは、その時そこにあるものを着たらいいと思っている人間なので この感覚が耐えられない。

 


女はいつも準備に時間がかかる。9時に出発と言っていても いつでも数分遅れる。

先に車に乗ってまだかあ、とクラクションを鳴らしたいが近所の手前もありカッカしながら我慢している。

このあたりの許容度が昨今とても狭くなってきた。

いつでもカッカしながら生きている感じ。

これも老人化なのかなあ それとも僕の性格だけの問題なのだろうか?

 


でもまぁ老人化していいこともある。

 

 
自分の外面が干からびて見えるので電車では堂々と優先席に座ることにしている。

 


仕事上の失敗 物忘れ 勘違いは、

ごめんねーこのところボケてきて

と言う言葉で大体逃げられることがわかった

 


65歳以上半額が嬉しい

プール  600円払っていたのが300円になった。300円に生き死にが かかっているわけではないが単純に嬉しい。

バイキング1600円が1200円など

以降どこに行っても老人料金があるかどうかを確認することが楽しくなった。

まだ民間施設では老人料金の適用は進んでいないように思える。年寄りが元気になる政策ではあるが風俗関係も半額、にはならないだろうなぁ。

 


女性が無防備に近づいてくれる

妙齢の女性、女学生、女子高生と、かなり至近距離まで近づけて仲良くお話ができるようになった。こちらからも声がかけやすい、

何故か?  相手が老人だと無防備なのだ。

(本当は僕もまだ心の中は元気で狼なんだぞ)

 

f:id:ROUJINBEI:20190316080546j:plain


どうせなら老人化を開き直って楽しもう 


以上老人化  考察レポートでした。

https://blog.hatena.ne.jp/ROUJINBEI/roujinbei.hatenablog.com/edit?entry=17680117126992855660

 

老人化はあなたにも必ず訪れる その悲しい変化を実況!  覚悟あれ

 

甚平です  実はブログを書くのがとても辛くなりました    

毎日が2日に一回となり、がんばって維持してきたのだけれど  それが1週間に1回、最近は10日に一回となってきました。何故か? 

書くことがおっくうになったのではありません。 


メガネが効かないくらい目が悪くなったぞ 

 

f:id:ROUJINBEI:20190313215531j:plain


スマホやパソコンとにらめっこの時間が

仕事だけではなく帰宅してからブログの書き込みでとても多くなりました

 


もともと早くから近眼となり 今は遠近両用メガネ、見えにくくなったらメガネの調整で修正してきたけれど、もう65歳、今度ばかりはそうもいかないらしい。

焦点 ピントが合わない  これはとても疲れる。

 


眼科医から、メガネでの修正には限界がある   今からは白内障の進行を見守る必要があると

言われた、しばらく様子見とのことだが

こちらはたまったものではない  目の焦点、ピントが合わないままだ。メガネレンズの処方箋も書いてもも効き目がないだろうと言われた。

 


歳をとるとメガネ屋さんでは役に立たなくなることを知った  ブログも書けないような歳になってくる  いやだいやだ と思ってもこれが歳をとるということ    うーん実感です。

 

スピードが落ちてくる

  

50歳に近くなってフルマラソンを4時間以内で走れなくなった  65歳近くなってハーフマラソンの2時間切りができなくなった

ラソンに興味ない人に伝えておくがこれはとても平凡なタイムであります

でも問題は走るスピードのことではありません

 


走ることに限らず、日常の動作のスピードがだんだんと遅くなってくる事  

座る 立ち上がる  歩く   何をするにものろくなってきた事が問題

何かにつまずく  今までであればバランスをとって事なきをえるが、体に瞬発力がなくヨロヨロと倒れそうになる   

老人がつまずいて骨を折ってそのままおさらば  そんな姿につながることを実感する昨今

  

家の階段に手すりがつく

 
もう4年ほど前  同い年の女房の膝が悪くなり階段に手すりが欲しいと言い出した。

冗談かと思った   しかし本気で懇願するので手すりをつけた   今じゃこの甚平さんもつい手すりを利用していることに気がつく

こんなことに気がついた時の自分の哀れさってわかりますか?

  

ロリコン趣味になる  

  

(私だけの特性で普遍的では無いかも......)

歳をとってくると若さへの憧れや執着から女性の趣味が変わる  

一昔前は妙齢のご婦人などが好みであったが、このところは15歳から25歳  せめて30歳、可愛くて色白、もうたまんねぇなぁという感覚に押し流される

 


ケーキ屋さんとかおまんじゅう屋さんに入る。

可愛い色白の店員さんが出てくると、ついついあれもこれもと買ってしまう。隣でそれを見ていた女房が あんたは本当にバカねぇ

若い女の子見るとすぐ気分が良くなってあれもこれもと買ってしまう。下心ミエミエじゃんといつも叱られている。

 

f:id:ROUJINBEI:20190313220713j:plain



どうも自分の娘が30代後半から40近くになってくると、もう可愛らしさが消え失せているので それより下の年代に惹きつけられるらしい  かといって女の孫は2歳から8歳、これでは鼻の下も伸びません。

だからちょうどその間の年代が恋しいのだと自己分析をしています。

でも女の子にハッとすることもなくなれば終わりだからね  お許しあれ

 

物忘れ

 
これはもう定番  

あの俳優の名前誰だったっけ?  あれよあれ、

うんそうだあの人なんだよな  そうあの人よ

わかってはいるんだけど、ところで誰だ?

名前は? 結局スマホで、見ていた映画やドラマの名前を入れてキャストを確認。

そう  ピエール瀧だ  なんでこれが出てこないんだよ。夫婦2人がかりでこんな有様。

 


まず人の名前を忘れる

次に人の顔を忘れる

その次はチャックを上げるのを忘れる

最後はチャックをおろすのを忘れる

 


こんなレールの上を走りながら歳をとっていくらしい

 

f:id:ROUJINBEI:20190313220918j:plain

 安楽死プリーズ

 

 いやだいやだ

目が見えなくなり  耳が聞こえなくなり  

足腰がたたなくなって   食欲もなく

最後は糞尿垂れ流し  なんの楽しみもない。

 


人間だから親子だから血のつながりがあるから優しい気持ちで人間として、とかいろいろ言われるけど  生きるエネルギーがなくなってきたらそれは自然の摂理と受け止め、周りを疲弊させるほどの介護を受けてまで生きたくはないなぁ

 


タブーな課題であるし、票にはならないから誰も政治家は言い出さないけど、安楽死をさせてあげることもいいんではないですか?

 


じゃあね   みんなお世話になったね

注射打ってね

お父さん  元気なうちは好き勝手やったから

まぁいいか  幸せだったよね 

こんな調子で逝きたいのう

 

 

たかが目が少し見えなくなった位でおろおろイライラしているだらしない意気地ない老人の初心者が考えるたわ言でした。

 
こちらも参照下さい 

安楽死をやってみた)

https://blog.hatena.ne.jp/ROUJINBEI/roujinbei.hatenablog.com/edit?entry=98012380861350043