就職支援人類 老人甚平

おっさんから爺さんになった就職支援人類を標榜する老人・甚平。仕事以外にもいろいろ言いたい事あるわなぁ  超短気 発熱ブログ

    自立を目指している方 またその就職支援に携わる方へのメッセージ                            必ず なんとかなります 何とかなるぜ

知的障害児を放置するこんな小学校運営をなくそう!先生辞めるな!

先生辞めるな!なくそう知的障害児を放置するこんな小学校運営

 


また小学校の正規職員 教諭が辞めた。

29歳 男の先生   

もう先生はこりごりです。今からでもやり直しのきく職業は何ですか?


子供が好き 教育が好き 無垢な気持ちを持った小学生が好き  目を見張るような小学生の1年間の成長スピードが頼もしい 

そう思って小学校の先生になった。

 


小学校4年生の担任

ある時他県から1人の女子が転校してきて 自分のクラスで担当することになった

 


校長や学年主任から知的障害を持っている子供だがよろしく頼むと言われた。

担当をしてみてさあ大変、障害児  障害児教育の本などで勉強してみるも限界を感じた。

 


1人では知的障害児を交えてこのクラスを運営していくことはとてもできないと思った。

 


授業を聞くという姿勢がない  キョロキョロして何か興味のあるものがあったらそちらにすぐ歩いていく  教室の後に一人一人が描いた絵が貼ってある、何が気にいったものがあったらそれをビリビリ剥がしてしまう。

誰かがいけてくれたきれいなお花の花びらを何枚も食べてしまう、自分の上履きをぺろぺろなめた時は教室中が騒然となった。

これではいくら障害児を理解しようとしても、クラス運営に支障がでる

 

他の小さな子供たちにも限度がある。放置していると差別やいじめが始まることも予想された。 


この障害児を特別支援学校や他の専門機関へ移すことを学校側に要求した。


できない。そのまま自分のクラスで面倒を見てくれとなった。

 


理由は、母親が普通学級での教育を望んでいるから!  

でも現実の教室運営は限界がある、学校側の判断で処置することを望むがそれもできないと説明された。

 


転出元の他県の小学校に、児童の資料を取り寄せようと依頼しても、親が開示を許可しないため

できないと言われた。

 


自治体単位やエリアでスクールカウンセラーを配置している。スクールカウンセラーに実態を把握してもらいそこからの処置も考えるが、スクールカウンセラーが来校するときは学級通信で予定がわかっているので親が子供を休ませる。

 


子供を親の見栄のためにどうしても普通学級に置いておきたい。そんな事しか理由が見つからない。

 


教室で飼っていたメダカがいなくなった。

その子に聞くと美味しそうだから食べたと言う。クラス中はパニック。障害者を理解しようとしても この事実は小さな子供たちにはあまりにも刺激的すぎる。

 


母親にこのことを伝えると、まぁそんなこともありますねぇ、なんて他人事。母親もどうかしている。 


たまらなくなって市の教育委員会に訴えるも

母親の同意がなければなんとも........とのらりくらり。結局、調査やそれにまつわる報告書作り報告書上申がとても手間暇がかかるため全く動く気配がない。

校長先生にもっと厳しく教育委員会や県に伝えて欲しい 動いて欲しいと迫るも、だめだ。

定年まであと1年、大過なく過ごす事しか考えていない。

 


もうほとほと愛想が尽きました。

いったいどちらを向いて仕事をしているのか? 

 

障害者本人の行く末   一般児童への思いはそこにはなかったですね、かけらも。

自分たちだけの保身、手を抜ける楽な仕事をしている上層部と機関組織、

その下で日々児童に向き合いながら形ばかりの膨大な報告書作りで毎日深夜までうごめいているのは我々 現場の先生ばかりです。

気がかりですが その障害児やクラスの子どもたちとは涙でお別れしてきました、でもこんな形の抗議しか思いつかなかったのです。     日本の公務員ってみんな上ばかり向いているこんな体質なんでしょうか? 

 


程なくこの先生、地元の中堅企業の総務人事部に採用された。社内研修の仕事や社会教育で小学生中学生とも触れ合ったりしている。

 


民間は金儲けの論理が優先される、そんな印象を避けて 公務員になりましたが 仕事についてはよっぽど民間に真実がある、大事にしないといけないものを知っているからです。

企業の場合はお客様 

学校ならば子供たち生徒

それを忘れた学校はもう駄目かもしれませんね。


この話を聞いて、 

こんな人にこそ 本当に学校に残って欲しかった  

 

先生辞めるな!

と思ってしまうが、辞めざるを得なくさせているものが担ぐには重た過ぎる。

いつまでもこんな非常識なおぞましい体質が続いていく事はありえないと信じたい。


子供たちを思う気持ち   その想いには程遠い不条理のはざまで  今日も今夜も 働いている現場の先生方に頭が下がります。

先生有難う お疲れ様です!

 

小学校については別記事にても とてつもない運営を記述・・・・・
気分が悪くなっても確認しておきたいという方はこちらもどうぞ

( 記事 教員業務削減 校長教頭がんばれ  先生が死ぬ前に)

 

 

f:id:ROUJINBEI:20190118093903j:image